パワーポイントの使い方を習得したい方の為のサイト。基本的な操作方法から細かいTIPSなど、無料ノウハウを大公開!テンプレートのダウンロードも可能!
パワーポイントは、ビジネスマンにとって必須のツールになりました。企画書や進捗報告など毎日のように使っているのではないでしょうか?
このサイトでは、パワーポイントの使い方やTIPSなど、皆さんにとって役立つ情報をご紹介します。

< 戻る

大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条

大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条

人気ランキング : 2,654位
定価 : ¥ 1,470
販売元 : PHP研究所
発売日 : 2005-06-23

価格:¥ 1,470
納期:通常24時間以内に発送
オススメ度

 本書のタイトル、それに伴う10か条はイチオシで、そそられたので購入した。
 目次を見る。興味シンシンで構成がうまい。そそられる。
 しかしながら内容はさほどインパクトがない。その点においては残念である。としか言いようがない。アイディアは抜群にスバらしいだけに残念無念。
 高級な食材の素材を引き出せずに、たたいて、砕いて中華の飲茶にした。それを食べたような気分である。
 誠に惜しい。

オススメ度

まず言えることは、本書の作りがいいということ。
一章に一つずつテーマがあり、全10章で完結となっているので読みやすい。
内容に関して。本書の特徴としては、常に「人の心理・心」を考えながら、効果的なプレゼンのための方法を説明しているところであろう。
例えば、図や物語を使うことがなぜ効果的なのかを、図・物語に対する人間の反応に言及しながら述べている。「人とは〜〜であるから、○○することは相手を納得させる。」というように、効果的なプレゼン方法とその根拠がセットになっていることが、本書の説得力の元になっている。
内容の繰り返しなどが多少みられるが、それでも全体としては良いと思う。自分のプレゼンがまだうまくいかないという人にお勧めである。

オススメ度

ビジネス本にありがちなテクニックに終わらない、深い印象を残す本だ。
それも紋切り型の精神論に見えないのは、
腑に落ちたことしか書かないという「重心の低さ」と、
著者の持論である「物語る」ことを自ら実践しているからだろう。
著者の本は3冊目だが、
どれも等身大の顔を持つ人間に語りかける「味わい」がある。
凡百のノウハウ本と一線を画しているのも、
加えて「人間観」が確かで一貫しているせいだろう。
これはノンフィクションライターでもある(という)、
著者自身の資質に拠る部分かも知れない。
本書のキーワードは、言葉にはされてないが「一期一会」。
人生はプレゼンの連続だと説く同書は20代以降の現役のみならず、
高齢化進む今日、定年以降のリタイア組こそ刺激になるだろう。
その射程の深さに☆5点差し上げる。
「大人の」と銘打つタイトルは、
次世代に語り伝える「大人の知恵」(ワクワクドキドキ)も無いままに
停滞する成熟社会に向かう日本への「いらだち」の表現か。

オススメ度

この本を買ったきっかけは、プレゼンの機会がない日々を送る中、ふとしたきっかけで、ビジネススクールに通い始め、プレゼンをしないといけなくなったこと。どんなに準備をしていても、緊張しぃであがり症の私は、話すときには頭が真っ白になってしまう。それは、周りのプレゼンテーションがうますぎることと、百戦錬磨なビジネスパーソンが相手でだからでもある。
そこで、買ったのが、この本!他にもいろいろ買ってきたけれど、この本からは勇気と元気をもらえます。心に響くプレゼン、それを支える論理と「物語」。「物語」とか「心に響く」とか、結構大事なんですよね。私たち人間は、80%が感情だから。データや論理でがちがちでも、うまくいかないこともある。それはきっと、心とか物語とか、人間くさいことが抜けているからかもしれないですよ。・・・こんなことを教えてくれる著書です。

オススメ度

 いったい何冊目になるか?というくらいプレゼンに関する
本を買っている。その割には実際のプレゼンテータになる
機会は月に1回か2回程度しかない。
 それでも、新たな1冊を時間とお金をかけて読んでみたい
と思った理由は、本書の構成にある。
 テクニックと言えばテクニックであるが、パワーポイント
や図解などの解説はない。いてみれば精神論的な要素も結構
入っている。
 ただしかし、それはら実践の裏付けられた秘伝のノウハウ
という装いで紹介され、解説される。カラーのイラスト、図、
写真も斬新。
 役にも立つし、物語としても楽しめるあらたな1冊。満足。


 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年3月25日15時17分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『パワーポイントの使い方.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 パワーポイントの使い方.com All rights reserved.