パワーポイントの使い方を習得したい方の為のサイト。基本的な操作方法から細かいTIPSなど、無料ノウハウを大公開!テンプレートのダウンロードも可能!
パワーポイントは、ビジネスマンにとって必須のツールになりました。企画書や進捗報告など毎日のように使っているのではないでしょうか?
このサイトでは、パワーポイントの使い方やTIPSなど、皆さんにとって役立つ情報をご紹介します。

< 戻る

理科系のための実戦英語プレゼンテーション

理科系のための実戦英語プレゼンテーション

人気ランキング : 8,157位
定価 : ¥ 2,835
販売元 : 朝倉書店
発売日 : 2002-04

価格:¥ 2,835
納期:通常24時間以内に発送
オススメ度

本書は、海外研究生活の長い著者が、その長年の経験に基づいてプレゼンでよく使われる表現を、実際の研究プレゼン(著者の分野)を行うという方法にのっとって進行している本である。
研究の背景から結果、結論、将来の展望にいたるまで、文章のつなぎかたや強調の仕方、ちょっとした笑いをとる表現などもいっぱいつまっている。
おそらく日本人が苦手とするのは、同じような図表を多く説明するときに、ワンパターンにならないようにどのように違った言い回しで説明したらいいかということだろう。そういう疑問にも、様々な表現方法が救ってくれる。
私は、研究分野は著者と全く異なるが、この本から使えそうな表現を抜き出して英語プレゼンをやったら、すごくうまい!と褒められた。
タイトルの通り実戦的で、すごくいい本である。

オススメ度

著者はアメリカの大学に15年勤務した研究者。自己紹介、研究概要、動機付け。。。という具合に、プレゼンテーションのスライド順に沿って、さまざまな英語表現が紹介されている。筆者は物理学の研究者なのでその分野のスライドを使っての説明になっていますが、分野が違っても十分役立ちます。自分自身にとっては、話の枕詞や、ちょっとした接続フレーズが適宜紹介されているのが役に立った。またこの本がユニークなのは、プレゼンテーションだけでなく、質疑応答やレセプション、他大学や研究室の訪問の際に使う英語表現もふんだんに紹介しているところ。面目を保ちつつ、答えるのが難しい(あるいは答えられない)質問に対処する英語表現や、レセプションを立ち回るときの英語表現など、実に親切な(あるいは経験に裏打ちされた)内容となっている。

オススメ度

初めての国際会議口頭発表に向けて、本書と「入門」と、両方購入しました。
原稿の準備にも、当日の心構えにも非常に役立ちましたし、
この本を見て準備した発表は、好評のうちに終了できました。
日本語で発表に慣れておられる方に対しても、部分的には絶対に役立ちます。
英語圏特有の挨拶、決まり文句がありますので、英語の口頭発表前には是非ご一読をお勧めします。

オススメ度

 具体の事例について、発表の順に書いてあり分かりやすかったです。内容的には良いのですが、編集的には2点ばかり改良してもらえると良いかと思いました。
 プレゼン内容の事例説明とともに、ポイントとなるイディオムなどの解説がありましたが、重要イディオムについては、例文自体を抜き出して書くか、もう一つぐらい例文がつけてあると、なかなか英語が頭に入らない私には、より読みやすかったかなと思います。
 また、値段的に言えば他の英語教本で当たり前になってきている、音声CD-ROMが付録としてついてくれているとディクテーション練習や電車の中でも使えると思うのでお願いしたいところです。

オススメ度

私が初めてワークショップで口頭発表した際に、最も参考にしたのがこの本でした。最初の挨拶からまとめ・質疑応答まで、具体的なビューグラフとともにプレゼンテーションが詳細に説明されています。各セクションに重要表現のまとめがあり、これだけでも便利なのですが、掲載されているビューグラフ毎に発表原稿がついていて、その構成がそのまま使えることも多く、この「発表原稿」という形式(文章どうしのつながり、流れ)がこれまでの文例集等には無かったものです。
英語で説明した経験のない私が発表できたのもこの本によるところが大きかったです。
初めて英語でプレゼンテーションする方には発表のノウハウがわかりますし、慣れた方が読んでも表現の幅が一層広がることと思います。


 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年3月25日15時17分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『パワーポイントの使い方.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 パワーポイントの使い方.com All rights reserved.