パワーポイントの使い方を習得したい方の為のサイト。基本的な操作方法から細かいTIPSなど、無料ノウハウを大公開!テンプレートのダウンロードも可能!
パワーポイントは、ビジネスマンにとって必須のツールになりました。企画書や進捗報告など毎日のように使っているのではないでしょうか?
このサイトでは、パワーポイントの使い方やTIPSなど、皆さんにとって役立つ情報をご紹介します。

< 戻る

プレゼンテーションの極意

プレゼンテーションの極意

人気ランキング : 672位
定価 : ¥ 1,575
販売元 : ソフトバンククリエイティブ
発売日 : 2005-06-29

価格:¥ 1,575
納期:通常24時間以内に発送
オススメ度

『デザイナーは喧嘩師であれ!』以来、川崎さんのファンです。
本書は、プレゼンテーションの本と銘打たれていますが、そもそもは
「自分ともっともっと喧嘩しろ!」という著者の言葉だと受け止めました。「喧嘩するほど仲がいい」とも言いますし、喧嘩してこそわかってくる自分のこだわりというものを、私も見つけなければいけないな、と思いました。

オススメ度

読んで、なんか熱くなりました。
小手先でないプレゼンは、小手先でない生き方に宿りますね。
と、もう本に書いてないフレーズで語りたくなるほど、
型に囚われないということの本質を、真っ正面から議論
しています。論理的整合性や体系化は、「川崎語」とでも
呼ぶべき独自の体系化をしちゃってるようで、まだ全部
馴染んでいないんですが、著者がずばぬけて魅力的な人であること、
そして真剣によりよいプレゼン、デザイン、生き方を模索して挑戦
し、大失敗などをしつつも、成果に結実させてきていることが
伝わってきました。
来週のプレゼンのパワポの絵をどうにかしたい人には全く向きませんが、
パワポではない、型にはまらないプレゼンを模索される方も、
パワポ使いで、自分らしさを模索しだした人も、
そもそもプレゼンとは何で、何で発表するのかを、問い直す意味でも、
得るものはある本だと思います。1年以内にプレゼンする予定がある
人、普通でいることが苦痛な人は、是非手にとることを薦めます。
誰でも及第点をくれる「問題のない」プレゼンを手早く覚えたいなら
何も得ることがないかもしれません。

オススメ度

今まで、自分が行っていたり、聴いたりしていたプレゼンテーションは何だったのかと思う。この本を読んで自分のプレゼンも変えられる気がしてきた。

オススメ度

〜〜〜川崎和男の著作はいままで何冊か読んだのだが、この優しい易しい文体は「ついに本気になったか」と思わせるもの!だ。
 プレゼンテーションのノウハウやスキルを意図しただけではないのであろう。IT時代の「文章読本」ではなかろうか!?
ともかく、誰もが思っていた「パワポ」の呪縛を説いてくれた。私はビジネス書というよりも、すべての学生への教〜〜科〜〜書として薦める。
彼のノウハウや意思や意志や意図をこのようなかたちで、もっと示してほしい。

オススメ度

〜個人的にいつも思っている事は、「プレゼンは恋愛である」ということ。
則ち、意中の異性(同性かもしれない)に「最高の口説き文句」を用意すること。つまり告白タイムです。
文脈の中で、パワーポイントでは最高の口説き文句などありえないよ、と川崎氏は教示している。
あと、英語でのプレゼンは「Newsweek〜〜 英語版」の最後のインタビューページを読むといいとか、
NHK「アクターズ・スタジオ・インタビュー」を参考にするといいよ、などなどためになる情報ばかりでした。〜


 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年3月25日15時17分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『パワーポイントの使い方.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 パワーポイントの使い方.com All rights reserved.