パワーポイントの使い方を習得したい方の為のサイト。基本的な操作方法から細かいTIPSなど、無料ノウハウを大公開!テンプレートのダウンロードも可能!
パワーポイントは、ビジネスマンにとって必須のツールになりました。企画書や進捗報告など毎日のように使っているのではないでしょうか?
このサイトでは、パワーポイントの使い方やTIPSなど、皆さんにとって役立つ情報をご紹介します。

< 戻る

5日で身につく「伝える技術」 ビジネスで成功するプレゼンテーションの奥義

5日で身につく「伝える技術」 ビジネスで成功するプレゼンテーションの奥義

人気ランキング : 4,764位
定価 : ¥ 1,470
販売元 : 東洋経済新報社
発売日 : 2005-04-08

価格:¥ 1,470
納期:通常24時間以内に発送
オススメ度

人になにかを伝えるときには「何を」はもちろん最重要だけど、「いかに」も劣らず重要。この二つは車の両輪で、どちらだけでもうまくいかない。
この本は具体的で実践的だ。今まで発表の訓練を受けていない人でも、著者の案内に従ってひととおり練習すれば(小グループが望ましい)、「話を届ける力」が見違えるように向上するはず。企業等での研修にも向いていると思う。
「なるほど、こういう練習をすればいいのか」と、自分でやってみるつもりになる本だ。
内容はしっかりとした経験と分析とに基づいているので、発表にかなり慣れた人でも役に立つ(レビュアーもトーストマスターズ活動を経験したが、この本からも学ぶところがいくつもあった)。
「プレゼンテーション」と聞くと即座に「見た目だけ立派でも中身がなければねぇ...」とパブロフの犬のような反応を示す人がいるが、そういう人にこそ読んでほしいと思う。「いかに」を気にしない発表はえてして中身もたいしたことがないものだ(聞き手を軽んじているのだから)。すてきなプレゼントこそ、それにふさわしい包み紙で届けたいではないか。
そして、「いかに」を真剣に考ることで「何を」も同時に磨かれていくのに気付くだろう。この二つは切り離せないのだから。この相乗効果があってこそ自分の心が相手に伝わるように思う。

オススメ度

現代ビジネスにおいて、おろそかにされがちなverbal skillを緻密な著者自身の切口で具体例、盛り沢山で紹介している。
文中に「他者とのコミュニケーション全てがプレゼン」というフレーズがある。プレゼンとは無関係な仕事の私にとって、印象深い一言だった。(上司や部下とのコミュニケーションを改めようと強く反省)
ところで、タイトルにも書いたが私は著者の講演を生で聞いてきた。
本の内容から推して知るべし、私の過度の期待に違わぬすばらしい講演
だったことは言うまでもない。この種のスキルが日々のセルフトレーニング等
で磨いていく事が可能(現に西野氏はそうしてきたとの事)と本文中でも著者は言う。
今まで、特に気にかけた事の無い、コミュニケーション。
日常茶飯のなにげない行動。(簡単に見えてるものほど実は奥深い)
私の中で新たな扉が開かれたように思う。そしてそこに飛び込むきっかけを
この本から得たように感ずる。
彼のプレゼンを目の当たりにし、この畏敬の念を抱くともに、この感動の気持ちを忘れずに日々セルフトレーニングを心がけたいと思う。
P.S. 再読したい1冊に加えたいと思う。

オススメ度

数あるビジネス系ハウツー本の中で、わかりやすさではベスト3に入ると思います。実技スキルを本で説明する困難さを、筆力でかなり乗り越えていると感じました。
一度でも人前で話したことのある人は、読めばグンと力がつくでしょう。経験のない人も、この本に従って努力すればブレゼン名人になれます。
また「パワポが使える=プレゼンができる」と思っている人には特にお薦めしたい本です。

オススメ度

仕事柄これまで多くのプレゼンテーションに関する書籍を読んできた。
しかし、多くの本は精神論に徹していたり、具体性に乏しかったりと、あまり満足できなかった。
また、プレゼン本であるにも関わらず、読みにくく「プレゼン本がプレゼンできてなくてどうする!」とツッコミをいれたくなるものも少なくなかった。
しかし、この本は、これまでの本とは違う。
わかりやすく、具体的。また、書かれている文章自体が、本の中で提唱しているスキルをふんだんに盛り込んだつくりになっている。だから、「なるほど、具体的にはこうしたらよいのか!」というのがよくわかる。
コンパクトにノウハウがまとめられていて、短時間で読むことができるので、ココ一番のプレゼンの直前にでも読み直したい一冊である。

オススメ度

 本書は、まず1日目に概要を説明し、こうなれば伝える技術がつくと断言する。
 そして、内容の構成・しゃべり方・手振り・声などの肉付けを2・3・4・5日を丁寧のアドバイスしている。
 最近ではさすがにプロと思わせるものである。こんなところがマイナス点であったか?と考えさせられた。
 ビジネスにおいて、大いに役立つものであると思う。


 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2006年3月25日15時17分
時点のものです。

このページのトップに戻る
『パワーポイントの使い方.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 パワーポイントの使い方.com All rights reserved.